仮想通貨とは何か?仕組みや始め方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは何か?を基礎から解説!初心者の方にもわかりやすく仮想通貨の仕組みなど仮想通貨のすべてがわかるアカデミーです☆彡

仮想通貨の2018年はどうなる?

 

仮想通貨の2018年はどうなる

これからの仮想通貨はどうなるのか?2018年におすすめの仮想通貨は何なのか?ビットコインの行く末は?など仮想通貨の2018年は大きな変動の年と言われています。

仮想通貨の2018年について解説します!

 

ビットコインの2018年は?

2018年、仮想通貨業界に衝撃的なニュースが流れました!それは昨年から世間を賑わしている仮想通貨の先駆けとなり現在までトップに君臨し続けてきたビットコインですが、そのビットコインが「今年中にトップではなくなる」という噂が…。

2017年は「仮想通貨元年」と称されるほど世間を賑わした仮想通貨ですが、ビットコインの急騰をはじめとし、仮想通貨の時価総額は驚くほど上昇し、テレビや他のメディアでも仮想通貨の特集が組まれるほどでした。

そんな1年でしたが、2018年の仮想通貨はどうなるのか?

2018年、仮想通貨は世界中でもっと使われるようになると言われています。何千種類もある仮想通貨の中でも人々が使用する理由がある銘柄は絶対に価格も上がっていくでしょう。そうではないものは、1ヵ月とか半年とか、短期間では上がることはあっても、長期的には残れない可能性が高いでしょうね。だから仮想通貨に投資をしても、儲けられる人もいれば、資金を失う人もいるでしょう。投資なのでこれは当然なのですが、仮想通貨の投資も見極めが大事だということですね。

では、なぜビットコインが2018年中にトップではなくなるのでしょう。その理由として専門家はビットコインのユーティリティがほとんどなくなったからだと言います。ユーティリティとは何か?それは仮想通貨の利便性?仮想通貨の利点として送金手数料も時間もほとんどかからないという点があげられます。もちろんビットコインも以前はそうでした。しかし現状は違います。例えばアメリカから日本へビットコインを送金しようと思ったら、1,000円~2,000円位かかるうえに時間も何時間もかかります。

しかし、ビットコインキャッシュなら1円以下で時間も数秒!この差は大きいですよね。

しかもビットコインが使えるお店が減ってきているのです。これも理由の一つと考えられています。

2017年末ごろから2018年現在までのビットコインのトランザクション(取引)量も減少続きでアルトコインのイーサリアムに抜かれてしまいました。

これらのことから2018年中にビットコインはトップの座を退くことになるようです。というよりも、2018年中にビットコインは危機的状況になり消えてしまうのではないかとも思いました。

専門家の間では、2018年はビットコインからハードフォーク(分裂)して生まれたビットコインキャッシュイーサリアムがユーティリティにも優れていて、おすすめのようです。

 

2018年 イーサリアムが上昇中!

2018年はイーサリアムに注目

 

2018年になり年末からビットコインに続き他の仮想通貨も下落している中、イーサリアム(ethereum)の価格が上昇し続けています。

2017年末には1ETH(1イーサリアム)=約80,000円でしたが、2週間で1ETH=約150,000円まで値を上げました。

その後も下がることなく順調に上がり続けているのです。

今後もイーサリアムの人気と価格は上昇していくでしょうが、その理由は先にも述べた通りですが、その他に2018年1月にイーサリアムもハードフォーク(分裂)してイーサゼロ(ETHERZERO)」という新しい仮想通貨が生まれたことも影響しているかもしれません。

 

仮想通貨の価格が上がる現象

こういったハードフォークは今までも何度か行われています。ビットコインもビットキャッシュなどハードフォークによっていくつかの仮想通貨が生まれています。

そしてこの時に仮想通貨の価格が上がる現象が起こります。ハードフォークによって新しい仮想通貨が誕生するときには価格が高騰するという現象が起こってきたのです。

投資家がイーサリアムを買い込むのは、新しくイーサゼロが誕生する際に価格の高騰が起きることを狙って早めにイーサリアムを購入しておこうという動きとして考えてよいでしょう。その動きによって2イーサリアム自体の価格も高騰しているということになります。

この現象からもハードフォークが行われて新しい仮想通貨が生まれるときは狙い目と言えるでしょう。常に情報収集をしてハードフォークのタイミングを狙うのもありですね。

 

人気上昇中のイーサリアムとは?

人気上昇中の仮想通貨イーサリアムは、2014年に発行された仮想通貨で、最近、急激に成長してきた仮想通貨です。

時価総額ランキングでは、今のところビットコインが1位でイーサリアムは2位、市場価格も14兆円超えとされています。このままいくと恐らくイーサリアムはビットコインを抜いて1位になる日はそれほど遠くないことでしょう。

仮想通貨時価総額ランキングでイーサリアムは2位

イーサリアムとビットコインの違い

イーサリアムもビットコイン同様ブロックチェーンの暗号技術を利用していますが、イーサリアムはビットコインよりもさらに機能を拡張させているのが特徴です。イーサリアムがビットコインより優れている点としてスマートコントラクトというシステムを利用していることが挙げられます。もちろんビットコインはこのシステムを持っていません。このシステムがイーサリアムがビットコインよりも高く評価される要因ともいえるでしょう。

スマートコントラクトには、取引で行われる契約を自動的に実行・保存していく機能があります。スマートコントラクトを使うと、例えば誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行されるのです。契約が実行されると、その実行内容はネットワーク上に保存されます。

ビットコインの場合、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるのです。中央機関を介さずに契約内容を自動執行できる点が、イーサリアムの大きな特徴です。

イーサリアムのスマートコントラクトは、過去に交わされた契約内容をネットワーク上で半永久的に保存することが可能で、契約の経緯や権利譲渡などの履歴を保存することで、信用情報が自動的に蓄積されます。

取引で行われるすべての契約内容は、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれるので、世界中の誰もがいつでも内容を精査・監査できるようになっています。また、不特定多数の人の目に常時さらされているので、偽造・改ざんが困難になるのです。そのため、非常に信頼性の高いシステムといえます。

 

イーサリアムの将来性は?取引所はどこがおすすめ?

イーサリアムの将来性

イーサリアムの将来性は投資家の間でも非常に期待されています。

イーサリアムは年末から2018年1月半ばまでの2週間で約2倍に上昇し、1ETH=約150,000円まで上がりました。実は、1年前の2017年1月の時点では1ETH=950円程度の価値でしかなかったのです。

ということは、1年間で150倍にも高騰したということになるのです。しかも、この高騰っぷりは1年間の価格上昇率が約20倍だったビットコインを抜く勢いだということがわかります。

さらに、これはまだ序章とも言われており、ビットコインに投資して稼いだ投資家たちが、どんどんイーサリアムに移行してくると考えられます。事実、投資家の間でもイーサリアムは次にブレイクする可能性の高い最有力候補の仮想通貨だと言われています。

 

イーサリアムの2018年になる?

2017年はビットコインが最高値の220万円にまで達し、2017年はビットコインの年でした。そして仮想通貨業界はこれからが本格的になっていくでしょう。

そして、ビットコインの次に来るのはイーサリアムだということは分かっていただいたと思います。2018年はイーサリアムの価格上昇の可能性が高いでしょう。

スマートコントラクトによる信頼性の高さや送金速度の早さ、認知度の高さなどからビットコインから手を引いた企業がさまざまなサービスを活用・展開してイーサリアムをサービス内で使えるようにしていくことが考えられるからです。

実際に、イーサリアム企業連合が設立され、150社以上の大手企業がイーサリアムのブロックチェーン技術を応用した新サービスの開発を計画しているようです。

イーサリアム企業連合(EEA)加盟企業

トヨタ自動車:トヨタ車の自動運転開発における走行履歴やセンサー情報をイーサリアムの技術応用で構築しようとする計画が進行中。

JPモルガン:アメリカ最大手の金融企業。企業向けのネットワーク構築のためにイーサリアムの技術を転用している。

マイクロソフト・インテル・IBM・三菱東京UFJグループ・MasterCard・KDDIなど、世界中で150社以上が加入。

大企業が利用するといったニュースが増えれば、2018年にイーサリアムの価格はより上昇していくでしょう。こういったことからも2018年の一押しはイーサリアムで決まりですね!

2018年もまだ始まったばかりです。仮想通貨の購入を考えている方はビットコインよりも価格上昇率が高いと言われているイーサリアムを購入することをおすすめします。

 

安全性は完璧!補償も充実のビットフライヤー

ビットフライヤーは国が定めている「仮想通貨交換業者」としての認可を受けています。セキュリティーの面でも各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用して高い安全性があり、万が一のことがあっても複数の保険会社と提携して補償対応が万全です。

コインチェックの事件後、セキュリティー面での強化に努めるという文章も発表しました。

イーサリアムを買うには「販売所」形式での購入になるので、取引所よりも少し割高になりますが、安全性を重視するならビットフライヤーでの購入をおすすめします。

 

イーサリアムを安く買うならビットバンク

ビットバンクも「仮想通貨交換業者」として国からも認められており、セキュリティーも万全です。

ビットバンクはユーザーどうしのやりとりで相場を決める「取引所」形式での購入となるので、販売所と比べると安めに購入することができます。イーサリアムとビットコインはもちろん、今後の将来性も期待されているリップルも取り扱っています。

安全性も通貨の安さも重視するなら、ビットバンクですね。