仮想通貨とは何か?仕組みや始め方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは何か?を基礎から解説!初心者の方にもわかりやすく仮想通貨の仕組みなど仮想通貨のすべてがわかるアカデミーです☆彡

仮想通貨の購入・確定申告、アルトコイン、ビットコインの使い方

 

仮想通貨の購入・課税、アルトコイン、ビットコインの使い方

 

仮想通貨にはビットコイン以外にもたくさん種類がある

ビットコインが仮想通貨の元祖であることや世間的な知名度をあげたことで、仮想通貨=ビットコインと思う人も多いと思います。

でも、実は仮想通貨はビットコイン以外にもたくさんあり、その数は2018年3月時点で1500種類以上と言われています。こうした仮想通貨をまとめて、アルトコイン(altcoin)といいます。アルトとは、「別の」とか「代わりの」という意味合いで使われています。

アルトコインには、イーサリアムをはじめリップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどがあります。

仮想通貨にはビットコイン以外にもたくさん種類がある

仮想通貨の購入・課税、アルトコイン、ビットコインの使い方

 

アルトコインは何種類あるのか

2018年3月時点で仮想通貨はついに1500種類を突破しました。

今後も世界中で新たな仮想通貨が登場し、その種類は増加していくことでしょう。最近では三菱UFJ銀行によるMUFGコインや、南米ウルグアイが試験発行したeペソなど、大企業や国家・中央銀行による仮想通貨も続々登場しています。

 

アルトコインの特徴と価格変動

たくさんあるアルトコインですが、すべてが国内で取引できるわけではありません。

また、怪しげなコインも決して少なくないのが現状です。そういうリスクはあるとはいえ、アルトコインならではの魅力があります。あまり注目されていなくて、価格が低いものが、いずれ高騰することもありうるということですね。早い段階で買っておいて、それがビットコインのように大当たりすることがないとも言えません。

ビットコインだけじゃなく投資対象の選択肢が増えたことも仮想通貨投資をするうえでアルトコインに魅力があるといえます。

 

イーサリアム(Ethereum/ETH)

時価総額はビットコインに次ぐ第2位。有名企業も参加しています

イーサリアムは時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位を誇っています。出資している企業に三菱東京UFJ銀行、JPモルガンといった金融機関やトヨタなどがあります。また、「国際連合世界食料計画」がイーサリアムでの難民支援をするなど信頼性と将来性においても高く評価されています。「イーサリアムクラシック」は別のコインなので注意。

通貨単位 ETH
発行量上限 なし
発行年月日 2015年7月
時価総額 1029億1080万5603ドル

 

リップル(Ripple/XRP)

国際送金での役割に期待が集まっています。約100社の金融機関と提携

送金をよりスピーディに、簡単にできることを目的としており、これから金融機関で本格的に用いられるようになる可能性を秘めています。実際、数多くの金融機関と提携をしており、国内ではみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などがあります。 SBIホールディングスがリップルをベースにしたシステムを構築しようと考えていることも注目されています。

通貨単位 XRP
発行量上限 1000億XRP
発行年月日 2013年11月
時価総額 468億5383万1056ドル

 

ライトコイン(Litecoin/LTC)

上位の中ではビットコインの次に誕生した歴史ある仮想通貨です

開発者はGoogleの元エンジニアだったチャーリー・リー氏。

彼は「ビットコインを金貨とすると、ライトコインは銀貨」と発言しており、その特徴はビットコインの取引承認スピードが1ブロックあたり約10分なのに対して、ライトコインは約2.5分と4倍のスピードをもっていることです。

チャーリー・リー氏は2018年12月中旬に「所有していた全てのライトコインを売却した」とSNS上でコメントし、一部のライトコイン所有者からは批判も出ていますが、ビットコインと並び歴史と信頼がある仮想通貨です。

通貨単位 LTC
発行量上限 8400万XLM
発行年月日 2011年10月
時価総額 88億1137万2403ドル

 

ネム(NEM/XEM)

すでに発行上限に達した仮想通貨。手数料が報酬になります

ネム(NEM)は「New Ecomomy Movement」の頭文字から付けられていて、新たな経済運動を目的にしています。ユニークなところは、10000XEM以上を保有していると、取引の手数料を報酬として得られる機会があるというところです。こうした仕組みの根底にある「平等性」から、人気を誇るアルトコインとなっています。

通貨単位 XEM
発行量上限 90億XRP
発行年月日 2015年3月
時価総額 76億5764万0999ドル

 

カルダノ(Cardano/ADA)

伝説の開発者が手がけたことで人気と注目を集めたコイン

「暗号通貨の第一人者」であるチャールズ・ホスキンソンが手がけたことで注目度が高いアルトコイン。オンラインカジノのカルダノで使用できるコインがエイダコインであることからカルダノエイダコインと言われています。高度なセキュリティなどで一歩先を行くと言われる存在で、デビットカードの開発にも取り組んでいます。

通貨単位 ADA
発行量上限 630億ADA
発行年月日 2016年10月
時価総額 159億7737万5730ドル

 

ステラ(Stellar Lumens/XLM)

リップルの開発者が開発したコイン。個人を対象にした送金システム

リップルの開発者が、リップルをベースとして開発したコインStellar(ステラ)。個人と個人の間で国境を越えて送金や決済ができることを目的としています。価格が変動するのを抑える仕組みを持っているため、投資をするには、あまり魅力ではないかもしれませんが、価格変動リスクは相対的に抑えられていると言えます。

通貨単位 XLM
発行量上限 1032億XLM
発行年月日 2014年7月
時価総額 112億8137万9856ドル

  

コムサ(COMSA/CMS)

企業経済とブロックチェーンの架け橋になることを目的にスタート

COMSA(コムサ)は日本発の、そして日本で初めてのICOプラットフォームです。企業がCOMSAを利用してICOができるようにすることを目的としたもので、資金調達においてサポートするとしています。COMSAで行われるICOが魅力あるものとなれば、COMSAの将来も明るい展望が開けてくることでしょう。

通貨単位 CMS
発行量上限 集計中
発行年月日 2017年11月
時価総額 207万3430ドル

 

仮想通貨の取引、口座開設

仮想通貨の購入・取引をするためには取引所の口座開設から

  1. まずは口座を開設
  2. メールアドレス登録
  3. メールアドレス登録後、メールが来る
  4. メールに記載されたリンクをクリック
  5. 登録画面が開いたら手続きを進める
  6. 本人確認書類をアプロード
  7. 郵送で書類が送られてきて完了

仮想通貨の取引を始めるためには、まず取引所に口座を開設しなければなりません。しかし取引所に口座を開設するといっても、そんなに難しいことではありませんが、ネット上での完結ではなく最終的に郵送で書類が送られてくるので、数日かかることもあります。

取引所もいろいろありますが、おおよその流れとしてはメールアドレスを登録するのが第一歩となります。

その後、さまざまな規約に関して承諾をし、個人情報を登録します。その際、免許証、パスポートなどで本人確認書類のアップロードが求められます。

そうして手続きを済ませると、郵送で書類が送られてきて完了。

気を付けることとしては、二段階認証の設定をしておくことです。そのためのアプリが数種類、用意されています。

仮想通貨の取引に関するセキュリティ面の問題は、まだ課題が残されています。二段階認証の設定をするとしないとではセキュリティに大きな差が出てきますので、少しでも安全性を高めるために、必ず二段階認証の設定をしておきましょう。

 

取引所で仮想通貨を購入する方法

ここでは『Zaif』、『ビットフライヤー』、『DMMビットコイン』を例に説明します。

 

国内でも有数の取引所『Zaif』で口座を開設

Zaif(ザイフ)では、自動積み立てサービス「Zaifコイン積立」が用意されています。

毎月、指定した額が自動的に引き落とされ、ビットコインなどに積み立てるというもの。リスクが少なく検討する価値ありです。

 

メールアドレスを入力

Zaifのトップページから登録画面にメールアドレスを入力するとメールが送られてきます。その中のリンクをクリックして手続きへ…。

国内でも有数の取引所『Zaif』で口座を開設

 

書類提出で完了

個人を証明する本人確認書類の提出、必要項目への入力などを終えると登録完了。いよいよ取引が始められます。

個人を証明する本人確認書類の提出、必要項目への入力などを終えると登録完了。いよいよ取引が始められます

 

ZaifでNEM(ネム)を購入する

NEMを扱っているのはZaifとコインチェックの2つでしたが、コインチェックの先行きが不透明な今、NEMはZaifで購入することになるでしょう

 

購入する仮想通貨を選択する

仮想通貨を購入する際、左上のボタンから購入したい仮想通貨が選択できます

購入する仮想通貨を選択する

 

価格・数量を入力

指値の場合、「買う」を選んだら買いたい価格、買いたい数量を入力し注文する

指値の場合、「買う」を選んだら買いたい価格、買いたい数量を入力し注文する

 

仮想通貨の購入は指値と成行

指値は目標の価格まで下がったときに買う注文。成行は価格にこだわらず買うことです

指値は目標の価格まで下がったときに買う注文。成行は価格にこだわらず買うことです

 

ZaifでCOMSA(コムサ)を購入する

COMSAはテックビューロ株式会社が開発、運用するプラットフォーム。 Zaifも同社が運用していることもあり、COMSAはZaifで扱っています。

 

2つの選択肢があります

COMSAのタブを開き、ETH/JPY、XEM/JPYの2つの選択肢から選ぶ

COMSAのタブを開き、ETH/JPY、XEM/JPYの2つの選択肢から選ぶ

 

価格・数量を入力

指値の場合、「買う」を選んだら買いたい価格、買いたい数量を入力し注文する

指値の場合、「買う」を選んだら買いたい価格、買いたい数量を入力し注文する

 

チャートではその日1日に価格がどのように変動したのか、高値と安値などが確認できます。

チャートではその日1日に価格がどのように変動したのか、高値と安値などが確認できます。

 

国内最大手の取引所『ビットフライヤー』で口座を開設する

ビットフライヤーは国内で最大の取引所です。取引量、ユーザー数、資本金でトップに立っています。取り扱っている仮想通貨は少ないですが、大手としての安心感と信頼感があるのが特徴

 

ビットフライヤーも他と同じで手続きは難しくありません

最大手の国内取引所であるビットフライヤー。画像はアプリのトップ画面

最大手の国内取引所であるビットフライヤー

 

アカウント作成時、いくつか確認される事項があり、確認したらそれぞれチェックしましょう

アカウント作成時、いくつか確認される事項があり、確認したらそれぞれチェックしましょう

 

入力したメールアドレスにメールが届きます。その中のリンクをクリック、手続きを進めましょう

入力したメールアドレスにメールが届きます。その中のリンクをクリック、手続きを進めましょう

 

ビットフライヤーでビットコインを購入する

ビットフライヤーで指摘されるのが手数料が高めであるところです。ビットコイン購入の場合同様で、そこが気になるかもしれません。

 

主要コインのトレンドが一覧ででます。その中から購入したいビットコインを選択!

主要コインのトレンドが一覧ででます。その中から購入したいビットコインを選択!

 

数量を選択

購入したい数量を選択します。 0.01BTCから購入できます。ここでは0.1BTCを選択しました。

購入したいビットコインの数量を選択します。 0.01BTCから購入できます。ここでは0.1BTCを選択しました。
 

注文の確認画面で数量と価格をチェックする。問題がなければ注文を確定させましょう。

注文の確認画面で数量と価格をチェックする。問題がなければ注文を確定させましょう。

 

ビットフライヤーでビットコインキャッシュを購入する

ビットフライヤーではビットコインキャッシュも購入できます。アプリからでも分かりやすく購入手続きをすることができます。

 

ビットフライヤーのアプリのトップ画面から、ビットコインキャッシュを選択

ビットフライヤーのアプリのトップ画面から、ビットコインキャッシュを選択

 

ビットコインキャッシュは0.1BCHから購入することが可能。ここでは1BCHを選択しました。

ビットコインキャッシュは0.1BCHから購入することが可能。ここでは1BCHを選択しました

 

数量と価格が表示されるので、確認して問題がなければ買い注文を確定させましょう。

数量と価格が表示されるので、確認して問題がなければ買い注文を確定させましょう

 

新規取引所として注目されている『DMMビットコイン』で口座を開設する

DMMビットコインは、2018年1月19日に口座開設申し込みを開始、テレビCMも多数流していることで注目も高い。入出金手数料、取引手数料などが無料(一部を除く)であるところも注目を集めている要因です。

 

2018年1月に口座開設申し込み受付を開始したDMMビットコイン。注目の取引所です。

2018年1月に口座開設申し込み受付を開始したDMMビットコイン。注目の取引所です

 

口座開設を選択

ログインボタンを押し、出てきた画面から口座開設を選択すると画面が切り替わります。

 

ログインボタンを押し、出てきた画面から口座開設を選択すると画面が切り替わります

 

メールアドレス入力

メールアドレスを入力、チェック項目にチェックを入れて「送信する」をクリック!

メールアドレスを入力、チェック項目にチェックを入れて「送信する」をクリック!

 

メールが送られてくるので、その中のリンクをクリック、表示に従って手続きしましょう。

メールが送られてくるので、その中のリンクをクリック、表示に従って手続きしましょう

 

DMMビットコインでイーサリアムを購入する

DMMビットコインはイーサリアムなど7種類の仮想通貨を扱っています。特徴的なのは、レバレッジ取引の選択肢が多いところです。

 

イーサリアム購入

注文数量、注文レートを決めて確認画面へ

イーサリアム購入  注文数量、注文レートを決めて確認画面へ

 

リップルをレバレッジで

DMMビットコインの特徴はレバレッジ取引ができるところです。レバレッジ取引なら手元の資金より大きく取引ができます。

DMMビットコインの特徴はレバレッジ取引ができるところです。レバレッジ取引なら手元の資金より大きく取引ができます

 

仮想通貨の売買で生まれた利益は所得税の課税対象になる

仮想通貨の取引で利益が出たら確定申告を忘れずに!

ビットコインが急騰した2017年。特に後半の高騰ぶりは、凄まじいものがありました。

ということは、2017年の初めに、あるいはそれ以前に購入していた人は大きな利益をあげていたことになります。

そうなると出てくるのが課税のことです。国税庁は2017年9月にビットコインでの利益は所得税の課税対象になることを告知しています。多くの人が大きな利益を手にしたことが想像できるだけに、当然、目を付けられることになります。

 

確定申告を忘れると痛い目に合うことも

仮想通貨の売買によって得られた利益は基本的には、「雑所得」として区分され、確定申告が必要になります。計算の方法は、本業で得ている給与所得などと合算して、それに対して所得税が課せられます。

確定申告が不要なのは、仮想通貨の利益も含め、本業以外で得た利益が20万円以下である場合に限ります。

もし、確定申告を怠ったらどうなるのか?

税務署は、ときに個人を対象に税務調査を行うこともあります。そこで確定申告をしていない、つまり脱税していることが分かれば、納税額50万円までは15%それを超えれば20%の加算税がさらに課せられることになります。

もし確定申告に自信がない人は、税理士に相談してみるのもいいでしょう。

 

所得税の計算表

所得金額 税率(%) 控除額(円)
195万円以下 5 0
195万円を超え330万円以下 10 9万7500
330万円を超え695万円以下 20 42万7500
695万円を超え900万円以下 23 63万6000
900万円を超え1800万円以下 33 153万6000
1800万円を超え4000万円以下 40 279万6000
4000万円を超える額 45 479万6000

所得税は、上記の表のとおり、速算することができます。所得金額ごとに段階的に税率が上がり、そこから一定額が控除されます。

 

ビットコインのままなら非課税

所得税の課税対象となるのは、ビットコインによって実際に得られた利益に関してのみ。ビットコインのままの含み益は課税対象とはなりません。

 

ビットコインの使い道はこんなに増えている

ビットコインはさまざまなところで使うことができる!

 

ビットコインの使える店や用途が広がっている!海外ではより便利に

ビットコインは、さまざまなところで使えるようになってきました。

例えば、街中にあるお店でも使えるところが増えてきましたし、通販サイトで支払いでも使えるようになってきています。

また、デビットカードを作り、そこでビットコインを利用することもできます。

海外ではより便利になってきています。特にドイツなどでは日本以上にビットコインの使える範囲が広いため、旅行などの際は便利ですね。

 

ビットコインの使い道

 お店で使う 

実店舗の中でビットコインを使えるところとして、ピックカメラ、メガネスーパー、コジマなどがあります。今後まだまだ拡大していくでしょう。

実店舗の中でビットコインを使えるところとして、ピックカメラ、メガネスーパー、コジマなどがあります。今後まだまだ拡大していくでしょう。

 

 ネット通販で使う 

ネット通販の中にはビットコインでの支払いができるところがあります。また、amazonなどのポイントと交換することも可能。

ネット通販の中にはビットコインでの支払いができるところがあります。また、amazonなどのポイントと交換することも可能。

 

 カードで使う 

デビットカード、プリペイドカードを作り、そこでビットコインを使うことができます。いちいち現金を取り出さなくてもカード1枚で支払いができてとっても便利。

デビットカード、プリペイドカードを作り、そこでビットコインを使うことができます。いちいち現金を取り出さなくてもカード1枚で支払いができてとっても便利。

 

ビットコインを無料で貰える方法

ビットコインが貰えるさまざまな方法を紹介!

 

ビットフライヤーを経由してショッピングする

ビットフライヤーから楽天市場やYahoo!ショッピング、ZOZOTOWNなどでショッピングしたりカードを新規発行するとビットコインが貰えるんです。

 

Zaifでビットコインが貰える

Zaifでは、チャットにビットコインを送る、受け取る機能があります。また、ツイッターとの連携をしてツイッター経由でビットコインを送受信することで貰えます。

 

海外サイトでビットコインが貰える

Bonus Bitcoin

会員登録し、クリックするごとにビットコインが貰える

https://bonusbitcoin.com/


moon bitcoin

クリックし時間の経過とともに貰える

https://moonbitcoin.in/


Freebitcoin

ルーレットがあり、その数字によって貰える

https://freebitcoin.in/


Field Bitcoins

時間の経過によりビットコインが貰える

http://fieldbitcoins.com


BTC Clicks

広告を見ることでビットコインが貰える

https://btcclicks.com/

 

各取引所のキャンペーンで貰える

取引所はさまざまなキャンペーンを行っています。例えばビットフライヤーはログイン、チャットの書き込みで貰えます。Zaifの場合はマイナス手数料により取引額の0.05%を還元。

 

こんなところでもビットコインが貰える

モッピー、PeXといったポイントサイトでポイントとビットコインを交換することができます。ほとんどがビットフライヤーが対応となっています。