仮想通貨とは何か?仕組みや始め方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは何か?を基礎から解説!初心者の方にもわかりやすく仮想通貨の仕組みなど仮想通貨のすべてがわかるアカデミーです☆彡

ビットコインキャッシュとは?気になる今後の期待度とおすすめの取引所・販売所

 

ビットコインキャッシュとは?気になる今後の期待度とおすすめの取引所・販売所

 

ビットコインから生まれた仮想通貨のビットコインキャッシュとは?

仮想通貨のビットコインキャッシュは、ビットコインから生まれた仮想通貨なのですが、名前が似ているうえに元がビットコインであるために、この二つの仮想通貨の違いがいまいち分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、ビットコインキャッシュについて理解するために、この仮想通貨の特徴について調べてみました。

仮想通貨といえば最も知名度の高い「ビットコイン」を思い浮かべる人が多いと思いますが、「ビットコイン」とついた通貨が意外とたくさんたくさんあることをご存知でしょうか。

「ビットコイン」とついた通貨

 
ビットコインキャッシュ ビットコインゴールド ビットコインダーク
イービットコイン ビットコインZ ビットコインプラス
ビットコインスクリプト ビットコインレッド ビットコインファスト
ビットコインプラネット ライトビットコイン など

上記の各通貨には、知名度を上げるために「ビットコイン」の名前を拝借した銘柄もあれば、本家のビットコインから分裂・派生して生まれた銘柄もあります。

その中でも2017年8月に本家ビットコインから分裂(ハードフォーク)して出来たのが、ビットコインキャッシュです。

その為、これまでビットコインを持っていた人は、自動的にビットコインキャッシュを持つことが出来ます。

例えば、5ビットコインを持っていたら、5ビットコインキャッシュを持つことができます。

元々はビットコインという一つの仮想通貨だったために、このような措置が執られましたが、今後はビットコインとビットコインキャッシュのレートや時価総額も変わっていき独立した別々の仮想通貨として扱われるようになっていくでしょう。

と当初は思われていましたが、驚くべきスピードで人気が上がり、あっという間に仮想通貨の時価総額ランキングでも第4位に位置する通貨となり、本家のビットコインと同様に高い人気を集める通貨となりました。

 

ビットコインとビットコインキャッシュの違いは?

ビットコインとビットコインキャッシュの大きく違う点は、決済や取引の処理能力の違いです。

ビットコインはブロックチェーンにおける容量不足が懸念されていました。ブロックチェーンの1ブロックの容量不足ということです。これにより、決済や取引の処理スピードが遅かったり、セキュリティが弱くなったりという欠点がありました。

そこで、1ブロックの容量を増やした通貨を作ることで生まれたのがビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも数倍の処理速度を持っています。また送金手数料もビットコインよりも安いので、ユーザーにはうれしいメリットがたくさんあります。

 

ビットコインはアップデートによって取引処理速度を上げることを検討していますが、ビットコインキャッシュはシステムには手を付けず、取引処理データの容量を引き上げるということを進めているようです。

ビットコインキャッシュの特徴

 
1ブロックのサイズ容量が8MB(BTCの8倍
リプレイアタックに強い(セキュリティ強化)

ビットコインキャッシュは、ブロックごとの容量増加によって転送スピードがビットコインの8倍も向上し、取引や決済が早くできるようになりました。また、このアップデートでセキュリティの強化も行われました。

 

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュの今後の見通しは明るい

ビットコインキャッシュの今後の見通しは明るいのではないかと言われています。

 

今後の課題としてビットコインキャッシュのネットワーク環境を安定させることや、ビットコインキャッシュのマイニングは企業が独占して行なっているので、通貨の供給量や安定性に疑問がある点を改善するなどがありました。

 

しかし、ビットコインキャッシュはビットコインの欠点を改善するために生まれた通貨なので最近では投資家やユーザー達からの信頼を勝ち得ています。そこでビットコインからビットコインキャッシュに移行する投資家が増え続けているのです。

 

ビットコインはといえば、まだ欠点を改善しきれておらず将来的にはビットコインキャッシュがビットコインに変わっていくのではないかという噂もあります。

 

ビットコインのハードフォーク(分裂)は止まらない?

2017年8月にビットコインから分裂してビットコインキャッシュが生まれましたが、ビットコインのハードフォーク(分裂)はそれだけではありません。

2017年10月にはビットコインゴールド、11月にはビットコインダイヤモンドという通貨がハードフォーク(分裂)によって誕生しています。

 

今後もこういった分裂は行われるだろうと言われています。

 

ビットコインキャッシュの場合はビットコインの問題改善という理由からでしたが、今後の分裂の理由はそうではないようです。

どうやら「ビットコインを巡る利権」が絡んでいるようなのです。

 

ビットコインはマイナーと呼ばれる人間がマイニング(採掘)することで発行され、それをブロックチェーン内のブロックに送金などのデータ処理を行うことで取引が成立されるというシステムになっています。マイナーはこの作業をすることで利益となる手数料を得ていますが、この利益は4年に1度の間隔で半減していく仕組みになっています。

 

マイナーとしては、ビットコインをハードフォーク(分裂)して、ブロックチェーンの容量を拡大することで取引量を増やし、手数料を増やすことで利益の減少を補いたいというわけなのです。

 

今後、仮想通貨が世界中の経済に浸透していくことが予想されます。ブロックごとの容量拡張でより多い取引量と手数料を得るために分裂が頻繁に起きるのではないかと言われています。

 

ビットコインキャッシュが購入できる取引所

ビットコインキャッシュは、日本の仮想通貨取引所でも購入できます。人気も高いということもあり、多くの取引所で取り扱われています。

 

2018年1月のコインチェックの流出事件以降、金融庁も厳しくなっていると思いますが、仮想通貨を購入する際は金融庁が定めた「仮想通貨交換業者」として登録・認可されている取引所かを確認しましょう。おすすめの取引所選びはセキュリティ面での信頼性の高い取引所を選ぶのがポイントです。

 

ビットフライヤーは評判もよく補償も充実

コインチェックの事件では、出金停止措置のせいで日本円も仮想通貨も引き出せず、下落する価格チャートを見るだけという仮想通貨の恐ろしさを実感したという方も多いと思います。セキュリティも甘いし、補償もあいまいときたら信用もなくなってしまいます。

 

ビットフライヤーは、セキュリティを強化し、補償も充実しているので評判も良く安心して取引ができると思います。

国が定めている「仮想通貨交換業者」として登録しており、セキュリティも各仮想通貨に最先端のマルチシグネチャ技術による分散管理を採用で信頼性もあり、もしもの時でも複数の保険会社と提携しているので補償体制が万全です。

セキュリティ強化に努めるという文章も発表し、充実性・安全性は十分だと判断できます。

ビットコインキャッシュを買うには「販売所」形式での売買になるので、他の取引所よりも少し高いかもしれませんが、高い安全性を重視するならビットフライヤーでの購入がおすすめです。

 

ビットコインキャッシュをお得に購入

ビットバンクはユーザー同士のやりとりで相場を決める「取引所」形式での売買となりますので、他の取引所よりも安めでお得に購入することができます。スプレッドもついてないので、売値と買値の差額も大きくなく、少ない価格差で取引できます。

ビットバンクではビットコインキャッシュの他、イーサリアムやリップルも取り扱っていますので、お好みの銘柄を「取引所」形式で買うことができるのでおすすめです。

もちろん、ビットバンクも国が定める「仮想通貨交換業者」として登録しており、各通貨のセキュリティも万全です。安全性もしっかりしているので、安さと安全性ならビットバンクがおすすめです。