仮想通貨とは何か?仕組みや始め方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは何か?を基礎から解説!初心者の方にもわかりやすく仮想通貨の仕組みなど仮想通貨のすべてがわかるアカデミーです☆彡

仮想通貨を始める前に知っておくべき基礎知識

 

仮想通貨の基本

仮想通貨の基礎知識

最近の仮想通貨の過熱っぷりには驚かされます。コインチェックの事件後、やや落ち着きを見せたかと思いましたが、またグイグイ上がってきています。

そこでまた仮想通貨へ投資をする人が増えていますが、失敗しないためにも仮想通貨を始める前に基本となる知識は押さえておきましょう。特に初心者の方にもわかりやすく基礎中の基礎を紹介します。

 

取引所と販売所の違い

仮想通貨を購入・売却する場所には取引所と販売所があります。どちらも仮想通貨を売買するところですが、この2つには大きな違いがあります。

それは取引をする相手!

 

販売所は取引所サイトの運営側が所有している仮想通貨を販売するという形式での取引をする方法
取引所はサイトに登録しているユーザーどうしで通貨の値段を決めて取引するという方法

 

これらは仮想通貨取引をやっていくうえで大変重要なポイントになります。これを理解していないと仮想通貨を買う時に損をする可能性があります。

 

販売所の場合

この場合、ビットコインを買ったり、売ったりする相手は、ビットフライヤーになります。

ビットフライヤー(bitFlyer)が予め多くのビットコインを仕入れて保有しています。その保有コイン(在庫)を買ったり売ったりすることが【販売所での売買】になります。

販売所では、ビットフライヤーの提示価格を払えば、必ず、すぐに買うことができます。売る場合はその逆。

ビットフライヤーの提示価格で、すぐに売買が決まるのが、販売所の特徴でありメリットでもあります。

 

取引所の場合

この場合、取引の相手は、個人になります。個人とはいっても特定できない個人です。

ビットコインを売買したいと思っている人たちが繋がったネットワークで、直接売買されます。

取引所では、買いたいビットコインの個数と、価格を自分で決めて、「買いたい!」と買い注文を出します。

これに対して、どこかの個人が、その金額で「売りたい」となった場合、売買が成立します。

逆に、買い手がつかなかった場合は、売買不成立となります。

 

仮想通貨の販売所・取引所の手数料の違い

ここまで見ると、販売所の方が確実に買えて、確実に売れるので販売所で取引した方がいいのではないか?と思われたかもしれません。

しかし結論から言うと取引所」で売買した方がお得なのです。

それは手数料の違い!

一見すると、販売所は手数料が無料で取引所は0.01%~0.15%(取引量に応じて変動)の手数料がかかるとなっていますが、実は販売所の価格には手数料に代わるスプレッドというものがあるのです。スプレッドは、購入価格なら相場より高めに売却価格なら相場より安く、価格差を設定することで、この差額によって手数料という形で販売所の利益としています。

そのため、「販売所」でビットコインを買う場合、通常の相場の価格+スプレッド(手数料)という高めの金額での購入となるのです。

 

下の画像はビットフライヤーの販売所と取引所の同じタイミングでの画面です。

購入金額で比べてみましょう。

 

【販売所】の金額 

ビットフライヤーの販売所の金額

1,185,449円ですね。

 

続きまして、取引所では…

【取引所】の金額 

ビットフライヤーの取引所の金額

約1,163,926円くらいですね。

何と2万円以上の差が!これがスプレッドということですね。

販売所には確実に取引が成立するというメリットがありますが、取引所での取引と比べると、タイミングにもよりますが購入価格でこれだけの違いがあります。

 

「販売所」と「取引所」のメリット・デメリット

 

メリット

デメリット

販売所

取引が確実に成立する

取引価格にスプレッドがついていて割高

取引所

ユーザーの指値注文でお得な価格で取引できる

取引が成立しにくく時間がかかる

「販売所」と「取引所」のメリットとデメリットをまとめてみるとこのような感じになります。

販売所」は確実性やスピード重視、「取引所」は価格やお得感重視といったところでしょう。

 

仮想通貨の取引で知っておきたい注意点

仮想通貨の取引で注意しなければならないのは、取引をしているときにハッキングを受ける可能性がある点です。インターネット上で全て管理されている通貨のために、ハッカーによる被害に遭う可能性があります。

仮想通貨への投資資金は全て、取引所に保管されています。株の場合は証券保管振替機構に保管されていますし、FX業者の場合は信託銀行に顧客の資産は保管されています。

しかし、仮想通貨の場合は取引所に保管されているので、ハッキングや倒産すると、資産が戻ってこない可能性があるのです。

コインチェックの事件後、各取引所や販売所はハッキング被害に遭わないためにセキュリティを強化しました。取引所を選ぶ際には、セキュリティ対策が万全か、万が一ハッキング被害を受けた場合でも補償サービスが充実しているか、などをチェックしましょう。

また2段階認証やアカウント・パスワード管理などの自己防衛もしっかりとしておきましょう。

 

仮想通貨は取引が早いことや海外送金手数料が安いことなどの理由から海外旅行や海外ショッピングサイトなどで、ますます仮想通貨が使われていくことでしょう。

 

仮想通貨とは何?お金との違いとは?

仮想通貨とお金との違いとは何か?わかっているようでわからない… という方も多いのではないでしょうか。仮想通貨は目に見えないインターネット上のお金ということ以外の具体的な違いとは何なのかを解説します。

 

仮想通貨とお金の違いとは?

普段使っているお金は国や中央銀行が発行する物ですが、仮想通貨は違います。仮想通貨は国や銀行とは無関係なのです。

例えば、日本の通貨である円は、中央銀行が発行しており、その発行数は政府の意向をくみながら中央銀行によって決められています。

国によっては大量に通貨を発行してインフレが起きる場合がありますが、仮想通貨は世界で流通する量があらかじめ決められているので、インフレが起きづらくなっています。

また、仮想通貨が優れているところは、送金手数料が安いことです。国内の銀行間で送金すると少額の手数料は掛かりますが、海外送金になると数千円の手数料が掛かることがあります。

しかし仮想通貨なら海外でも国内でもわずかな手数料で送金することができます。そもそも国の通貨では無いので送金に関して国内も海外も関係がないというのが、仮想通貨の優れているところです。

その他、取引が早いのも仮想通貨の優れているところです。取引所や販売所での取引もあっという間ですし、海外送金も数秒で完了します。

 

仮想通貨と電子マネーの違いは?

電子マネーも様々なお店や駅などに普及してきましたが、同じ見えないお金の電子マネーと仮想通貨の違いは何なのでしょう。

電子マネーを使うためにはチャージが必要です。現金をカードやスマホにチャージをして、使うことになります。これはあくまでも自分が持っているお金を、お財布ではなくカードやスマホに入れただけですが、仮想通貨はそれ自体が通貨なので、仮想通貨単体で使用することができるところが大きな違いと言えるでしょう。

 

仮想通貨の始め方

初心者の方が仮想通貨を購入する際に必要な安全な購入手順を紹介します。

仮想通貨は投資先としての歴史がまだ新しいので、詐欺師がたくさん参入してきています。初心者が多いことや、通貨自体も目に見えないので、いくらでもおいしい話を作り出すことが出来るのです。

さらに仮想通貨にはまだ証券取引法や金商法などが適用されないので、詐欺師が動きやすくなっています。

悪質業者に騙されたり、貴重な投資資金をすぐに無くしてしまうなど仮想通貨で失敗しないためには安全な手順を知っておきましょう。

 

仮想通貨は安全な取引所で購入しましょう

先ずは安全な取引所で仮想通貨を購入するようにしましょう。

仮想通貨の投資というのは、銀行振り込みなどで日本円を取引所に送って、自分の欲しい仮想通貨に交換してもらうという流れになります。

投資というと難しいというイメージがあるかもしれませんが、株式投資や投資信託などと違って仮想通貨は誰でも簡単に始めることができます。

安全な取引所の選び方としては、最低購入額が高額に設定されていたり、価格保証などが付いている取引所は避けましょう。

仮想通貨に価格保証を付けること自体不可能なのですが、価格保証を付けるといって安心させ、大量に購入させようとするのが詐欺師の手口です。

また、大手の人気の取引所では数千円からなど少額から購入することができますが、最低購入額が高額に設定されていて数万円からしか購入することができないところも避けるようにしましょう。

大手で人気の取引所を選べば間違いないと思います。そしてリスク回避のためにも1つの取引所で運用するよりも複数の取引所に投資資金を分散して仮想通貨投資を運用していくことが失敗しない秘訣です。

 

仮想通貨と暗号通貨

仮想通貨を暗号通貨ということもあるのですが、どちらが正しいのでしょう。

実は仮想通貨と暗号通貨は特に意味に違いはありません。仮想通貨という名称は、日本での呼び名であり、海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)と呼ばれています。

では、なぜ暗号通貨というのか?それは仮想通貨(暗号通貨)の先駆けとなった通貨である「ビットコイン」の正式名称がCryptocurrency Bitcoin(暗号通貨ビットコイン)と表現されていたので、暗号通貨という呼び名が世界で普及しました。

暗号通貨という名称は、「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味が込められていて、高度な暗号技術が用いられていることがわかる名称です。

逆に「仮想通貨」という名前は、マスメディアなどがより一般の人にイメージしやすい名称として日本では好んで用いています。