仮想通貨とは何か?仕組みや始め方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは何か?を基礎から解説!初心者の方にもわかりやすく仮想通貨の仕組みなど仮想通貨のすべてがわかるアカデミーです☆彡

仮想通貨で稼ぐための秘訣

 

どうやれば仮想通貨で稼ぐことができるのか?

今まであまり知られていなかった仮想通貨でしたが2017年頃から世間を賑わせはじめ、「仮想通貨」という言葉が拡がり出した年でした。

そして2018年はいろんな意味で仮想通貨がひとつの革命期を迎えると言われています。先行者利益が稼ぐための一番の近道とも言われている仮想通貨ですが、実は投資家自身が必要不可欠な要素を持っているか否かが仮想通貨投資での勝敗を分けるのです。

24時間、利幅の変動が激しい仮想通貨ですが、そんな変動にも動じない心を持つには、やはりしっかりとした知識を持つことが大事です。仮想通貨を長期的ビジョンで確実に増やせるように運用していくための知識を身につけましょう。

 

どうやれば仮想通貨で稼ぐことができるのか?

仮想通貨は暗号通貨ともいい、まだ通貨になっていないこれから通貨になるかも知れないというものです。これからの期待値、伸び幅がある未知数に満ち溢れた仮想通貨。そこをまずは頭に入れておかなければいけません。

では、その仮想通貨でどうやって稼ぐのか、FXの世界でもそうですが、実はトレードで稼いでいる人というのは頻繁に取引をする人ではないのです。ほとんどがある一定の時期を見極めてそこに勝負をしかけています。

つまり、暴落時とかその時に一番、ポジションをとった人が勝てる世界なのです。そこで仮想通貨の世界では勝つためにはどうしたらいいのか?

それは、

長期的に上がるコインを見抜けるかどうか

最も安い価格で仕込めるかどうか

そうすると市場が必然的に大きくなるという流れがついてきます。

限られた時間軸の中で大きい市場をとれるコインを見付けることさえできれば、あとはそれを買うという取引を一貫する、そして売る。仮想通貨は売り、買いの上下幅が非常に大きいので、株式投資と同じで月利数%、数十%で反応していくものではなく、長期的な視野で変動をみていく必要があります。

 

仮想通貨で稼ぐための裏技「アービトラージ」とは

 アービトラージは取引所ごとに異なる価格を利用する

ビットコインで利益をあげる方法の1つとして、アービトラージがあります。

アービトラージとは、簡単に言えば、取引所ごとに価格が異なることを利用して、安い取引所で購入し、高い取引所で売却、その差額を利益にするという方法です。これを「裁定取引」という言

い方もします。

その仕組み自体は、至ってシンプルなもので、

例えば

【A取引所】

1BTC 84万円

【B取引所】

1BTC 84万5000円

という価格であったとします。

その場合、A取引所で1BTCを84万円で購入。その1BTCをB取引所で84万5000円で売却。すると、その差額の5000円が利益になります。

アービトラージとは、簡単に言えば、取引所ごとに価格が異なることを利用して、安い取引所で購入し、高い取引所で売却、その差額を利益にするという方法です。

 

アービトラージはタイミングを見計らい短時間で行う

ビットコインは、通常、そこまで大きな価格差が取引所ごとにあるわけではありません。ただ、大きな変動が急速に起きた時には差が開くことがあります。そのタイミングを見計らい、売買を行えばOK!

アービトラージを行うためのポイントとなるのは、

多くの取引所に口座を開設する

レートに気を配る

送金手数料を把握する

これらの点をきちんと理解しておくことです。

たくさんの取引所を利用できるように複数の口座を開設しておけば、価格差が大きい取引所を選択する際の選択肢が増えます。

また、当然のことですが、それぞれの取引所でのレートを知らなければ、アービトラージをうまく活用することができません。

送金手数料によっては、アービトラージをするのが損な場合もあります。なぜならアービトラージで利益を得たとしても、送金手数料が高ければ相殺されてしまうからです。

 

送金遅延がリスクの1つになる

逆にリスクになるのは、送金が遅延することです。

もし「アービトラージができる」と思ったとしても、送金ができなければ意味がありません。価格差は常に変動しています。つまり送金遅延のトラブルがあった時に、狙っていたタイミングでアービトラージができなければ意味がなくなるということです。

特に、ビットコインが急激に下落したようなときに遅延が起これば、売ろうとしたタイミングで売れず、売却が確定してしまったら、下がった状態で売るはめになってしまいます。こうなると価格差で損失を被ることになります。

また、取引所間で価格差がある、そしてビットコインの価格に大きな変動があって価格差が広がるとは言っても、1BTCあたりの差がそこまで高いわけではありません。小額でアービトラージをするなら、必ずしも利益が大きくはなりません。

こうしたさまざまな点も把握しつつ、試してみるといいでしょう。

 

仮想通貨には「マイニング」という独特の仕組みがある

仮想通貨にはマイニングという面白い仕組みがある

少し落ち着いたとは言え、まだまだ盛り上がりを見せる仮想通貨。それだけに、関連するビジネスもまた、にぎわいを見せています。

仮想通貨には、マイニングという面白い仕組みがあります。日本語では、「採掘」。

ではマイニングとはどういうものなのでしょう。

ビットコインを例として説明しますが、ビットコインはすべての取引記録を追加で記していきます。

例えるなら、

仮想上の取引台帳があり、そこに取引を記入している。

ただその作業は、とてつもない計算量を必要とします。取引の量は莫大であり、正しいかどうか検証し、正確に記していく必要があるからです。

そこで、この作業を手伝ってくれた人に、報酬として新規コインが支払われる。これをマイニングと言います。

こうした作業の担い手がいてこそ、ビットコインのシステムは維持されています。

このマイニングが今、にぎわいを見せています。というのもビットコインはマイニングを通じてのみ新規発行されるからです。そのため、さまざまな企業が本格的に参入し始めています。

例えばGMOインターネットは2018年にはマイニングセンターの運営をスタートさせる予定です。DMM.comも参入した企業の1つであり、SBホールディングスは2017年8月から、ビットコインキャッシュなどのマイニングを始めていることを明らかにしています。

さらに取引所のビットフライヤーもマイニング事業を始める計画を示しています。

マイニングのシェアは、中国系が他を圧倒してきました。全体のうち70%強を占めており、日本企業の動向によっては、その構図にも変化が訪れる可能性があります。

また、かつては個人が自らの手で、あるいはチームを作って、自らマイニング用のマシンを汲み当てるなどしてマイニングに乗り出すことも少なくありませんでした。

しかし、企業がこれだけが参入してくると、個人でマイニングを、というのは困難な面があります。マイニングは先に数字をみつける早い者競争でもあるのです。そこで勝つには、コンピュータの処理スピードが重要となります。となると、企業を相手に個人で勝負するのは難しいということです。

ただ、ビットコインの場合は「半減期」があり、それとともにマイニングによる報酬も4年ごとに減少していきます。それを考えた場合、マイニングがいつまで活況を呈するかは定かではありません。

そのように将来を考えると、早いうちに勝ち抜ける企業が勝者となるのかもしれません。

 

仮想通貨で狙い目の銘柄を見付ける秘訣

ここ数年で新規コインはどんどん増えています。世界規模でみたら約1300種類はあると言われています。その中でどの銘柄に投資すればいいのか迷うと思います。投資するべきコインを見抜く秘訣とは?

仮想通貨というのは、あるひとつのプロジェクトとして立ち上げられて発行されるという意味合いが強いです。ですから、仮想通貨そのものというよりはそのバックグラウンドにあるプロジェクトに注目することが大事です。

仮想通貨上級者の投資方針は、ICOの審査基準とも共通するのですが、①信用性、②流動性、③実用性、④技術力、⑤実績あるチームメンバー、⑥社会貢献の6項目になります。

先ほども述べましたが、狙えるコインをその基準に沿って、できるだけ早いタイミングで見付けて、その銘柄に対して投資をする、あとは値上がりを待つ、そして、分散していく。この繰り返しをやっていくのです。

~秘訣のポイント~

  • 長期的に上がるコインを見抜く
  • 長期的な視野で変動を見る
  • バックグラウンドに注目する

 

仮想通貨の情報を得るには何を参考にすればいいのか

仮想通貨投資には情報がいちばん大切!現在ある1300以上の仮想通貨とこれから生まれてくる新規コインのICOもあるので、仮想通貨の情報ツールとしてはやはりSNSを駆使することです。

例えば、いま盛んになってきている仮想通貨コミュニティですが、そこに入るのも一つの方法です。気になるICOや仮想通貨があればネットで調べてみてください。そのコインやICOについてのコミュニティがあるかもしれません。あまりにもメンバーが少ないコミュニティだと怪しいかもしれませんが、ある程度の人数がいるところならたいてい大丈夫です。但し、情報の量や質はコミュニティによってまちまちなので、一か所だけではなくいろいろなコミュニティに入ってみていいところを探すのもいいでしょう。

とにかく情報はそういうコミュニティ内の発言をくまなく見たり、これから出てくるコインなどは特に「クラウドセール」や株でいうところの公開前の株のような「プレセール」で情報が出てくるので、そこはチェックしておきましょう。

プレセールはどちらかというと1億円とかの大口投資家とか開発者の関係者とか限られた人向けが多いです。

では、一般投資家がどのようにICOに参加するのかというと、基本的に「ICOやります」という告知がサイト上で、そのプロジェクトに関する内容が出回ります。

2000年の○月○日の○時から販売を行います。

セール期間は1週間です。

というように。

基本的にICOの場合は初期の投資家を優遇するという傾向があります。スタートした最初の時点で投資をした人、つまりスタートした1週間を第1期とすると、その期間に関してはボーナスが30%付きます、第2期は20%、第3、第4は10%というように後になればなるほどボーナスが減っていきます。それで第1期の時に買いが殺到するのです。その当日はアクセスが集中して、開始5分、10分で100億の取引額が出たりします。

通常の資金調達ですと円やドル、ユーロなどのフィアット(法定通貨)になり決済に時間がかかりますが、ICOの場合は仮想通貨です。ビットコインやイーサリアムだと国境を気にせず世界中から瞬時にお金を集めることができるのです。

これをクラウドセールといい、一般の人も参加できる新規コイン発掘の入り口になります。

 

セントラリティが6分で90億ドルを調達できた理由

話題になったセントラリティですが、なぜあんなにも人気を集めることができたのか。

6分で90億ドルを調達することができた理由はどこにあったのか?

数万人がグラウトセールに参加しましたが、購入できたのはわずか500人程度でした。

 

2017年の8、9月にプレセールを実施したセントラリティが2018年1月にグラウトセールを行い、6分で90億ドルを調達しました。期待と注目の大きさが分かりますが、その理由はどのような点にあったのでしょうか。

セントラリティはニュージーランド発の仮想通貨ですが、人々が日常的にブロックチェーンを活用できるようにすることを目指しています。

すでにセントラリティ上で8つのアプリケーションが公開されています。

例えばUshareは、交通サービスの利用をサポートするアプリケーションです。いわゆる、自動車配車アプリのUberのブロックチェーン版のようなもので、Ushareを用いてタクシーを配車したり、自動車のライトシェアができたりします。

衣食住、我々の生活をより便利に、豊かにする可能性を秘めていることに、セントラリティに注目が集まる理由があります。

セントラリティはTGE(トークン生成イベント)が初めて行われた点でも注目されました。TGEでは、新しいトークンの開発者は開発案を投資家にアナウンスする必要があります。ホワイトペーパーと呼ばれているものです。

ホワイトペーパーとは企画の理念や技術、特徴、プロジェクトの概要などが記載されており、ブロックチェーン技術の開発案の段階で作成されます。この開発案を投資会社が審査し、有望な仮想通貨について、資金調達の場を作ります。これがTGEと呼ばれるものです。

TGEの大きなメリットは有力な投資家から資金を調達して開発を進めることができる点です。またKYC(身分証明書の提示)により投資家を審査し、開発により生成されたトークンをその投資家に割り当てます。

つまり、TGEが行われた仮想通貨は、ICOされた仮想通貨の中でも価値が付く可能性が高いと言えます。

また、ICOの特徴は証券会社などの中央機関を介さず資金調達できる一方で、投資家は案件を精査することが困難でコンプライアンスも不十分、トラブルになりやすいことでした。TGEでは開発元の信頼性や技術の高さを判断できない方にとってはかなり頼りになる指標になります。

その点でも、セントラリティの今回のセールは、大変興味深いものとなりました。

 

ビットコインの今後を分析する!

ビットコインなど既存の仮想通貨の取引額が急騰したことや、数多くの新規仮想通貨が発行されたことで、2017年は仮想通貨元年と言えるでしょう。

欧米の一部の金融専門家や投資家からビットコインは詐欺であり、幻想であり、ネズミ講であり、価値の貯蔵手段ではないと揶揄されてきたにもかかわらず、価格は2017年12月に一時220万円(2017年1月比で20倍)まで急上昇し、その時価総額は30兆円にまで増加しました。

しかしその後、中国や韓国での新たな規制の動きや、イスラム圈での否定的見方の拡がりや、ドイツ、フランスによる規制への共同提案などが報じられ、2018年1月17日にはビットコインだけではなくイーサリアム、リップル、ダッシュなど主要人気仮想通貨は軒並み数日で40%下落しました。

そして、これまで下がり止まれば買われてきたビットコインは、この日を境に上がり止まれば売られるという真逆の動きを見せています。1年続いた上昇トレントはしばらくの間(1ヵ月か、3ヵ月か、6ヵ月)は下降トレントに転じ、次の底値圈を確認するまで下がり続けるでしょう。

しかしビットコインは不正を発見し、抑制するメカニズムがしっかりと確立されている「プルーフーオブーワーク(Proof of Work」」。コピーされない、二重払いされない安全資産です。

各国の政府や中央銀行・民間銀行が注目しているのは、こうした拡散的記帳・追記、拡散的ネットワーキングの技術の高さが確認されているからです。更に2017年12月からCBOEでビットコイン先物市場がオープンし、CMEも追従しました。

当初ネガティブだったゴールドマンサックスも2017年末、仮想通貨のトレーディングデスクをウォール街で初めて設置しました。

日本でも、DMMグループがDMM Bitcoinを1月10日にスタートさせ人気の7種類の仮想通貨をラインナップし現物取引やレバレッジ取引も用意し証拠金取引のような体制も整えています。こうして、国内外で取引拡大に向けた受け皿は着実に構築されつつあります

ここのところ為替市場はヴォラティリティが急減し、6通貨で構成されるドルインデックスも90前後に低下しました。ドル円も上値を切り下げながらゆっくりと下降しています。ここ数ヶ月、規模は不明ですが為替の投機資金が仮想通貨投資に流入しているのは明らかのようです。金や株式市場からも高値警戒感からいつ資金シフトが起きてもおかしくない状況です。

従って、多少の紆余曲折があってもビットコインは米国のマイクロソフト、アップル、アマゾン、google、ツイッター、facebookの株価のように右肩上がりで上昇トレントを再度描き始める事だけは間違いないでしょう。

 

仮想通貨のコミュニティに入るメリットと見極め

その仮想通貨ひとつに対して莫大な情報をいろいろな方法で得るという過程の踏みわけなので、自分との相性は情報収集の段階で見極めが自然とできてくるものだと思います。

仮想通貨上級者の人たちは仮想通貨を選ぶ際や新規コインの発掘の場合にどれがいいのかと迷った時、何を参考にするのかというとツイッターやテレグラムなどのフォロワー数がどのくらいで、そのプロジェクトチームが誰をフォローしているのかとか、そういうところまでチェックしています。だから、必ず自分が投資する仮想通貨の銘柄などはテレグラムやBTCトークやSNSが必ず存在してチャットができるのです。

また、そのコミュニティに創業者とかプロジェクトメンバーが入っていたりすると直接、質問したら直接、返してきてくれたりということもあるようです。そうなると非常に純度の高い情報が手に入ることもあります。

ビットラボというのもあって、そこでは開発の状況や全部オープンソースが開示されているので、一般の人もチェックできるものがあります。そういうのを見るとよリ自分との相性がわかるのではないでしょうか。

いろいろなツールを使ったコミュニティが存在しているので、まずは、そこに参加することが大事です。

ツイッターで募ったりして「ビットコイン反省会」や「リップル食事会」などという集まりも実際に催されています。今までネット上でのやリ取りだけだった人と実際に会って仮想通貨トークで盛り上がったり、情報交換をしたりする場も存在します。

その他に注目すべきことと言えば、結局のところ情報はインターネットで平等に発信されているので、最も信用できて、いちばん早いのは、その仮想通貨のプロジェクトをやっているチームのホームページ上で発言されていることです。創業者やメンバーが発言したり、つぶやくと、マーケットでの影響力は強く、すぐに反応します。簡単に10%くらい上がることもあります。

以前、ロジャー・バーが 「ビットコインキャッシュこそ本当のビットコインだ」と発言したらビットコインキャッシュが5%上がったことも実際にあります。

コミュニティの中のリーダー格の人や発言権を持つ人の発言や動向はチェックしておくべきですね。

仮想通貨の場合は、こういうことがいつ行われるというロードマップが公開されているので、そういうのもチェックした方がいいでしょう。

そういうところはFXやっている人や外務大臣の会見やサミットが行われるなど事象に応じて市場に大きな動きがでることと似ています。

とにかく仮想通貨をやる上では情報収集が何よりも大事。同じタイミング、同じ状況で仮想通貨を得たとしても、しっかりとした知識を持っていないと、その人の感覚でやってしまうことになります。だから、一番は、情報がないことがリスクを生むことにつながるので、やはり、知識をたくさんつけて、情報をたくさん集めて、勉強することが大事です。