仮想通貨とは何か?仕組みや始め方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは何か?を基礎から解説!初心者の方にもわかりやすく仮想通貨の仕組みなど仮想通貨のすべてがわかるアカデミーです☆彡

仮想通貨のICO情報、ICOの資金調達の方法とは

 

仮想通貨のICO情報、ICOの資金調達の方法とは



巨額の資金調達の手段!ICOについて見てみましょう

今話題の『ICO』とは?ICOによって何が始まろうとしているのか?

 

巨額の資金を短時間で調達したICOが話題に

2017年あたりから、経済紙をはじめ各メディアで取り上げられるようになったのがICO新規仮想通貨公開)です。ICOとは、資金調達をしたい企業が独自の仮想通貨を発行して販売し、それによって資金を調達すること。

Initial …… 最初の

Coin …… コイン

Offering …… 募集

特に話題となったのは、Mozillaの前CEOが、ICOにより、わずか30秒で3500万ドルを調達した件でした。その後も、巨額の資金を調達する企業やプロジェクトが次々に現れるとともに、ICOという言葉の認知度も高まってきました。

 

ICOのメリット・デメリット

発行する側のメリット

・集めた資金に関して配当を払う必要がない

・証券会社などの仲介を必要としない

・インターネットで世界中から資金調達できる


投資する側のメリット

・企業が成長すれば大きなリターンを見込める

・発行された仮想通貨を通貨として使える

・インターネット上で転売することかできる


投資する側のデメリット

・過程において企業をチェックする機能がない

法的に守られていない

情報が少ないため見極めが難しい

ICOのメリットはIPO(新規公開株式)と異なり、証券会社が介在しないためスピードが速いところにあります。販売は関係者向けのプレセールと、インターネットで一般に行われるグラウトセールがありますが、ネット上で行うため、世界中から集めることができます。それが短時間での巨額の資金調達を可能にしているのです。

一方で課題もあります。IPOと比べてのメリットはデメリットでもあるのです。コンプライアンスが弱く、調達しようとする企業の信頼性に欠けるからです。投資側からするとリスクでもあります。

ただ、その課題を乗り越えようという試みも始まっています。信頼性を持つ手段となっていけるか、今後に注目です。

 

最近注目されている仮想通貨のICO情報

ICOとは、わかりやすく言うと、取引所でその仮想通貨が一般に取り扱いできるようになること、つまり上場する事ですが、一般的にICO情報とはその上場前に所有しておく事で、取り扱いできるようになった時に一気に値上がりする可能性のある、未上場コインのことです。

不動産などで例えると海外マンションを計画段階のまだ更地のときから安く購入して、完成後に売却することでキャピタルゲイン(売却益)を得るのに似ています。

ただ、仮想通貨のICOはその売却益が不動産の比ではなくて、有名なところではリップルがここ2年で600倍、エイダが800倍になるなど、先見の明を持って昨年に例えば30万円分買った方は、その30万円が1億8000万円、2億4000万円という今や数億円の資産になっていて、実際にそんな方がたくさんいます。

 

一方でビットコインをはじめとした仮想通貨が今、軒並みダウンしている事から今年に入ってこのICO案件がたくさん出始めています。

しかしながらこのICOとは、まだ取引所に上場してない仮想通貨のため、その真贋を見極める事は非常に困難です。なかなか素人が安易に手を出せるものではないのです。

 

というのも、例えばある企業が全国のあらゆる飲食店で使えますと言って「●●コイン」というのを作り、これがソフトバンク、ドコモ、auと提携する予定で、将来的にこの●●コインで全ての支払い、送金ができると説明したとします。しかし、ソフトバンクやドコモ、auと提携する予定と言っても、それが事実なら確かに凄いなと思うわけですが、なんの証拠もないわけです。

その企業が勝手に言っているだけになりますよね。言うだけなら誰でも言えるわけです。

これが今ニュースでも話題になっているICO詐欺と、表向きはまったく区別がつかない理由です。

 

でも実際には、ICOはこの「ただ言っているだけ」の状態で投資をしなくてはなりません。このただ言っているだけを文章にまとめたのが、ホワイトペーパーという目論見書です。ここに書いてあることがいかにリアリティがあるのか、それがICOの見極めに必要不可欠なのです。

しかし特にICOの場合は、そのほとんどが海外で開発されている仮想通貨なので、目論見書も英文ですし、それが本当なのか嘘なのか、素人目にはその見極めができないわけです。とはいっても、先日3分で90億円が完売したセントラリティという仮想通貨も、この「ただ言っているだけ」の状態で速攻で完売し、先日の上場で一時100倍まで跳ね上がりました。

要はこういった本物のICOと、ニセモノの詐欺ICOがごちゃごちゃに混在しているわけです。

実際に2017年には、このICO案件が月に100件以上もあり、そのほとんどはまったく実態を伴わない詐欺情報ばかりでした。

でも、もし本物を掴めばそれこそ一瞬で億という資産が手に入るICO

こんなチャンスは一生のうち一度あるかないかです。となりの人が何もしないで億万長者になっているのに、そのチャンスを目の前にして黙って見過ごす手はありません。

じゃあ、そんな詐欺が多いICO案件の中から、いったいどうやって本物を見決めればいいのか?

そこで注目されているのが、仮想通貨ソムリエの存在です。

数あるワインの中から自分に合った美味しいワインを選んでくれるソムリエがいるように、数あるICOの中から、あなたの代わりに本物のICOを見極めてくれる人がいます。

仮想通貨ソムリエと呼ばれる人達は実際にそのICOがどんなものなのかを知るために、英文のホワイトペーパーはもとより、そのプロジェクトが単なる金儲けのためなのか?それとも社会的貢献度の高いものなのかを独自の人脈や情報ネットワークを駆使して総合的に判断します。

そして本物だと確信したものだけを、ごく一部の富裕層に紹介します。

 

彼ら仮想通貨ソムリエは本物のICOを教えてくれますので、ほぼ確実に利益をもたらしてくれます。その一方で、当然彼らも無料で教えてくれるわけではありません。

彼らは本物のICO案件を紹介することにより、紹介報酬をもらっています。もしくは独自のコミュニティを主宰し、高額な会費を払っている人にだけ提供しています。

実際、富裕層のみを相手にした情報コミュニティは世界中に存在します。

これはICO側の視点でみると分かりやすいです。

セントラリティを例にして説明しましょう。


このセントラリティ側としては、彼らの崇高なビジョンを実現させるためにこのICOによりたくさんの資金を調達したいわけです。

しかし一方で詐欺ICOも蔓延してしまい、投資家がどんどん詐欺ICOに資金を不当に奪われていくため、本物なのにちゃんと資金が集まらない可能性が出てきます。

そんなときに仮想通貨に精通していて、尚且つきちんとした社会的地位、影響力のある仮想通貨ソムリエにお願いして、紹介してもらうわけです。

その際、売ったコインの数パーセントが彼らの手数料になります。この手数料もそのコインで受け取ります。

ソムリエはこのようにして本物のICOを紹介、それが本当なら価値が上がりますので、またその人の情報を頼りにする資産家が増えていきます。

こうして仮想通貨ソムリエが成り立つ仕組みになっています。

この仮想通貨ソムリエの情報を知ることができれば、勝ちは決まったも同然です。しかし、本物のICOはめったに出てこないばかりか、出たとしても一瞬で完売してしまうわけです。

つまり、表に出てからでは遅いということになります。